トレタの事務所移転パーティーに行ってきました



たまには会社のニュースリリース以外のブログでも投稿してみます。
9/16、株式会社トレタ の事務所移転パーティーになぜかお呼び頂いたので、弊社代表の junya が行ってまいりました。画像多めでレポートします。

 

トレタさんは飲食店向けの予約システム「トレタ」を主軸サービスとして展開しています。弊社のようなコンシューマ向けモバイルサイト開発会社とどこに接点があるのだろう?と疑問を抱きつつ歩いて15分ほどのトレタさんの新事務所へ向かいました。

会場にはいしたにさん、コグレさんなど著名な方々が大勢いらっしゃり、ますます自分が居る理由が解らなくなってしまって、まあ、いわゆるボッチ感を味わってしまっていました(笑)。ボッチ感と極度の緊張感を解くために映画「ダークナイト」でのアルフレッドの名言「A little liquid courage, Mr. Dent?」に従ってビールをいただくことに。そしてビールと一緒に、今回の事務所移転パーティーに華を添える料理をいただきました。これらの料理は「トレタ」を導入している、

こちらのお店の料理です。豚組のかつサンド、さいしょのお寿司、ひごの屋の焼き鳥どれも絶品で大変美味しかったです。ひごの屋は弊社から近所にあるようなので今度ぜひお邪魔しなければ。

 

 

美味しいお酒と食事で良い感じに酔いがまわったところでトレタのCEOである中村仁さんの挨拶がありました。

トレタ立ち上げ当初は片手でたりる数名のスタッフさんだった記憶していますがいつの間にか20名にまで増えています。スタッフの増加とともに引越しを繰り返しているようです。どのオフィスかは聞き忘れてしまいましたが、10名体制時の事務所は、

この窮屈さだったそうです。画像は判りにくいですが、手前側には数名のスタッフさんが肩を寄せ合うように座って作業しています。ここまで人が多いと酸欠で思考が鈍りそうですが大丈夫だったのでしょうか…(笑)。

さて、一方、予約システム「トレタ」の契約店数は右肩上がりで増え続けているそうです。

素晴らしいですね。…と書いておいて何なんですが実は予約システムとしての「トレタ」がどういったものか知らないです。すいません。しかしこのグラフを見る限り、店側にとってこれまでのお客様予約管理に対してメリットを得られるシステムなのだろう感じられます。また「トレタ」はウェブ予約を展開しています。こちらはお客様が直接予約を入れるから連絡をいただき予約手続きをすることなく「トレタ」を活用できるようです。

「トレタ」は進化しつづけているようですね。

さて、この進化の推進力はどこから来ているのでしょうか?
これまでの店の現場に対してテクノロジーの介入の余地を見出している中村仁さんの言葉から来るものも大きいと思います。

そしてこの言葉を実現化するため、テクノロジー側からバックアップしているCTOの増井雄一郎さんをはじめとした技術スタッフさんのお力があってのことなのではないかと思われます。

チャットサービス「slack」を活用している等、インターネットテクノロジーをうまく取り込んでオフィスに楽しい空気感を作り出しているあたりは参考になります。

このようによいスタッフさん、よいオフィスによって「トレタ」は進化し続けているのですね。

トレタさんは「三方よし」をキャッチフレーズにしていて、それが会社のロゴにも表現されていました。3つの丸がそれぞれを表していたそうです。
そしてこの事務所移転パーティーを機にロゴを刷新しました。新しいロゴはイスがデザインされていて、背もたれ、座面、脚のそれぞれの面は三方よしのシンボルをあらわしているそうです。

ますます『お客様よし、トレタよし、飲食店よし』に繋がることを期待します。

 

 

株式会社トレタのスタッフさんはみなさん楽しい方々でした。

 

 

途中のじゃんけん大会では新ロゴのiPhone5ケースをいただきました。さっそく使ってます。

これから「トレタ」を応援してみようと思います。
たのしい事務所移転パーティーにお呼びいただき、ありがとうございました。

帰りにクッキーをいただきました。美味しそう(まだ食べてません)。

 

 

 

 

 

トレタケーキ、美味しそうでした。お食事は大変満足だったのですが、甘みが足りなかったのでこのケーキ、食べてみたかったです。

あ、謎のハンモックがこんなところに(笑)。
さっそく有効活用してくださっているようです。よかったよかった。

コグレさんと家入明子さんのサイン発見。